2006年12月30日

Cambridge - クリスマス当日

クリスマス、でした。(12月25日)

まくらのパンダはいつも更新が遅れ気味です。時差だと思って…(えっ)

Festive season にはhinoが大物を料理してくれます。今年は有能な助手がいるようです。

s_ushiwakacook.jpgうしわか:
お料理~♪

実は、ターキーでもグースでもないうちのロースト。今年はガモン(燻製ハムのようなもの)を煮てから焼くというレシピにhinoが挑戦。お野菜の準備も出来て、オーブンへ入ります。

s_ushiwakwait1.jpgうしわか:
We want food!

待ち時間…クリスマスの日のだいたいお昼に食べるのがメインの食事ですが、クリスマスディナーと呼ばれています。前菜にSmoked salmonをいただきました。

s_3pandasfeast.jpgみんな:
Glooooooooooria〜♪

(パンダ日記の賛美歌に感動したので)

s_pankaraeat.jpgぱんから:
いただきま〜す

大きなお皿にドサッと、ね。
posted by nobo at 00:00| Comment(9) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

Cambridge - クリスマス前

クリスマス休み。(12月23日)

まくらのパンダはちょっと更新が遅れ気味です。時差だと思って…(そんなわけない)

今年はクリスマスの日が月曜日で、26日もボクシングデイという祝日なので土日をあわせて4連休でした。先週の霧のせいで飛行機の離陸制限がある飛行場からクリスマス休暇で海外に行く方々には気の毒な感じでした。hinoとnoboはおうちで静かにクリスマス。テレビもクリスマス関連の映画が目白押しです。昔の人気番組の再放送などもたのしいものです。(テレビ漬けです。なえみさんにまけてません)

m_ushiwakanoddy.JPGうしわか:
It's only just begun~♪

イギリスの過去のクリスマスヒット曲が流れている!うしわかくん早速チェック。このSladeという人たちの歌はクリスマスまでに何度耳にすることか。73年から唄われているそうです。このリードシンガーの人の名前がNoddyなんです。(noboは小さい頃に「ノディーおもちゃの国へ」という本を買ってもらって以来ノディーのファンです。ノディーの本も置物もイギリスにきてから買いました。もちろん、SladeのNoddyさんはノディーとは何の関係もありません。)

m_pankaracards.JPGぱんから:
クリスマスカード!

クリスマスの飾りは1月5日に片付けられる?そうです。クリスマスは12日続く…色々な説がありそうなので、この辺で。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

Cambridge - ケム川

先週は本当に寒かった。(12月22日)

会社近くのRiver Cam(ケム川)沿いに柳があるのですが、霧の中、柳がゆら〜りする感じがとても綺麗だったので、(霧でぬれるから)いやがるしずかちゃんを無理矢理連れ出しました。

m_shizukariverside1.JPGしずか:
おばけでそ〜?

遠くが霞む感じをもう一枚。ど〜だ。

m_shizukariverside2.JPGしずか:
遠くが見えない

この時気温は0度そこそこ。この週、気温は低くても-2度くらいにしかならないのだけれど、日中高くても2度くらいにしかなりませんでした。この湿っぽい寒さによくdampという言葉を使います。湿っぽいから気温より寒く感じる(日本の夏と反対というところでしょうか)?

道路が乾かないので、車が真っ黒になる話…ですが、薄い色の車が汚れてしまっている場合、いたずらがきをされることがあります。(これは洗車すれば消える落書きです。笑い飛ばせるものです。)よくあるのが、「Clean me!」。5年前、noboが片道50マイルを運転して通勤していた頃、ある日気がつくと汚れたうちの車のボンネットに「Move over!」の文字が。それも、前の車のバックミラーで読めるように(反対に)書かれていました。noboが近づくたびに「追い越すから、寄っとけよ。」のメッセージが前の車のミラーにうつっていたのでしょうね。(noboは安全運転ですよ、念のため。)
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

Cambridge - しずかのWork Experience

しずかちゃん、Work Experience。(12月22日)

noboの勤める会社の建物の入り口には大きなクリスマスツリーがあります。(いくつかの会社が入っています。noboは2階で働いています。)

m_shizukaworkexp3.jpgしずか:
大きなツリー!

noboの隣がしずかちゃんの席。しずかちゃん、早速ログインして仕事開始です。

s_shizukaworkexp1.jpgしずか:
表計算…?

もちろん、お茶も忘れずに。イギリスでは紅茶を飲む人が多いのかと思っていたら、コーヒー派のほうが多いんです。ここ数年、カプチーノの出来るコーヒーメーカーはヤンエグカップルのmust-haveアイテムの一つです。(本当か~)8月に、「一日3杯以上の紅茶は健康に良い(BBC)」という記事がありました。紅茶派も増えるかというところですね。ティーバッグをぽんとマグに入れて、砂糖(入れる人多し)とミルク(先に入れておく人多し)の上にお湯を注いで出来上がり〜が定番といったところでしょうか。ミルクティーの人がほとんどです。緑茶にも砂糖、ミルクを入れる人もいるようです。えーっ…東洋にはかつて、西洋ほどdairy(乳製品)がなかったから我々はミルクを緑茶に入れない?というのが西洋の解釈のようです。(今でも東洋人は牛乳を飲まないと思っているデンマークの方もいました…)でも、実際そうなのかもしれません。

s_shizukaworkexp2.jpgしずか:
お茶のもう

noboのポット(これは日本で買ったものです)のお茶は近所の韓国食品スーパー(ここにはお世話になっています)で買った香港製のジャスミンティー。Christmassyなおやつがnoboのチームのおやつ置き場にありました。ドイツのクリスマス菓子「LebKuchen」。noboのチームのドイツの方がイギリスのスーパーで探して買ってきてくれたのです。

m_shizukaworkexp4.jpgしずか:
おいしい!

s_shizukaworkexp5.jpgしずか:
お外はもう真っ暗!

と言っても、まだ4時くらいだったんですけどね。5時にミンスパイが配られるとかでしずかちゃんは頑張ってお仕事しました。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

Cambridge - 霜

今週は寒い。(12月20日)

一日中、霧の晴れない日がしばらく続いています。朝、うちの小さなお庭の芝が白くなっていました。

m_pankarafrost1.JPGぱんから:
noboの帽子とマフラーで防寒ばっちり。


m_pankarafrost2.JPGぱんから:
お隣の木もお化粧してます。


飛行場は霧で大騒ぎです。日の照る時間も少ないので、道路は一日中ぬれたままで、車はちょっと走るだけで真っ黒になってしまいます。noboは自転車で通勤ですが、耳がとても冷たくなるので、ニットキャップをヘルメットの下にかぶっています。変ですよ。でも走ってると、結構仲間(ニットキャップとヘルメットの両方をかぶっているサイクリスト)がいるんです。
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cambridge - 誕生日

noboの誕生日でした。(12月20日)

hinoをはじめ、いろいろな方からカードやメールが届きました。ありがとう!

m_shizukabirthday.JPGしずか:
おめでとう。はたちっ?

そうです。(Slackeyさんと一緒ね)
posted by nobo at 00:00| Comment(4) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

Cambridge - Pub

クリスマスパーティー。(12月14日)

今の会社になってはじめてのクリスマスパーティーがありました。フォーマルな物ではなくて、パブでゲームをする程度。パブでの喫煙が禁止になるのは来年の夏からなので、うしわかが煙くさくなるのが気になりましたが、連れて行きました。

m_ushiwakapartywine.jpgうしわか:
cheers!champagne!(シャンメリーにしときなさい)

ライブのバンドも来るパブの半分をうちの会社が借り切ったようです。うしわかchampagneを飲んでいい気分。ダーツ大会が始まりました。イギリスにきてからテレビ(地上波だけですが)でダーツやスヌーカー競技を良く見るようになったのでルールは知っています(暗算の練習にもってこいです)。が、triple twentyどころか、ダーツボードにダーツが刺さるかもあやしいnoboたちが参加しての大会です。簡単なルールが設けられました。

m_ushiwakapartydarts.jpgうしわか:
nobo、へぼい

社長に「パンダはダーツやったかね?」と聞かれてしまいました。えっ?こそこそと撮影をしていたはずなのに。うしわかはダーツは投げませんでした(noboがあまりにも下手なので、けが人が出てもいけませんからね)。残念。

m_ushiwakapartygroup.jpgうしわか:
ぽっ(綺麗なお姉さんたちに囲まれて)

m_ushiwakapartytree.jpgうしわか:
ハッピークリスマス!(印象派の写真(ただブレてるだけ)

hinoとnoboは少し早めに帰ることにしましたが、帰り際にオランダ人の同僚に「パペットが一緒にきてるって本当?見せて!」。みんなに撫で撫でされたうしわかでした。
posted by nobo at 00:00| Comment(7) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

Cambridge - 家(クリスマスツリー)

クリスマスツリーを飾る。(12月10日)

クリスマスツリーを飾りました。残念ながら本物の木ではありません。この木を飾るのももう10回目になりました。おどろ木!

m_shizukahometree.jpgしずか:
baubleをかざろーっ

年々飾りが増えていき、今年はノーマーとうしわかが飾られることになりました(?)出来上がり!記念撮影。

m_allhometree.gifパンダ家族さん達のブログに触発されたnobo

そして夜には…

m_ushiwakahometree.jpgうしわか:
うわーっ

(キャンドルライトモードで撮ってみました。)おうちの中の写真はパンダ家族の皆様のおうちより日本っぽかったりして。
posted by nobo at 00:00| Comment(4) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

Cambridge - 家で

ぱくぱくパンダ、ほかの仲間と合流。(12月9日)

ぎゅうぎゅうにスーツケースに詰められて(3匹がお団子のように見えるのは気のせいだろうか…)ぱくぱくパンダ達はCambridgeに着きました。

m_3pandas2.jpgエコノミークラスパンダ達:
いっ、息が…

長旅を終え、うちの古株たちとご対面します。みんなちょっと緊張気味です。

m_allhome.jpgはじめまして

大リーグのBoston Red SoxのファンのFちゃんとDちゃん(でもFちゃんはIchiroのユニフォームを着ています)。ダッフィーちゃんはラグビーボールを抱えています。パソコンお掃除犬のノーマーはエリザベス女王の飼い犬と同じ種、ウェルシュコーギー。札幌から来たすのちゃん。後ろの猫クッションはチッパー。これはnoboのお友達(Liverpool在住)の娘さん経営のThe Bouncing Pig Companyの製品です。WalesのCardiffで素敵な陶器などが売られています。

みんな仲良くしてね。
ラベル:Red Sox
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

愛媛 - 道後温泉

まだ、帰国中の写真整理です。
道後温泉。(12月2日)

2006年は夏目漱石の『坊っちゃん』発表100年記念だったそうです。hinoもnoboも坊っちゃんの学校の卒業生です。「漱石が教えていた頃は、生徒達はsometimesをソメティメスと読んでいた」という話もあるそうですが、noboはソメティメスレベルは脱したつもり。しずかちゃんと一緒に駆け足で紹介です。

まずは旅館にて。
m_shizukafunaya.jpgしずか:
タルトおいしそう

タルトの陰には瀬戸内名物のえびせんがあります。

坊っちゃん団子の食べたいhino。道後温泉本館の3階個室券を買いました。本館には神の湯と霊の湯というのがありますが、神の湯は大きな公衆浴場的な湯、霊の湯は小さ目の浴場(ちょっとposhな感じ)です。2階席、3階個室などが選べて、お風呂の後にお茶が楽しめるコースもあります。

m_shizukadogohonkan3kai2.jpgしずか:
二皿七銭?(『坊っちゃん』より)

実はこのあと、しずかちゃんは、坊っちゃん団子に飛び込みました。食いしん坊のようです。

m_shizukadogohonkan1.jpgしずか:
道後温泉本館前です。

本館はお城大工が建てたのだそうで、中の階段は天守閣の階段のように狭くて急です。

しずかちゃんはぱくぱくスタジオの愛媛紀行で、マドンナとして登場します。とてもきれいにまとめてくださったぱくぱくスタジオの皆様、ありがとうございます。

English here
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | Japan>四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

愛媛 - 第45番札所海岸山岩屋寺その2

四国八十八ヶ所第四十五番札所海岸山岩屋寺の続き。(11月30日)

本堂の横のはしごが気になるぱんからくん。

このはしごは、この地で修行していたという法華仙人という女性の卒塔婆のある岩の穴に渡っています。弘法大師に帰依して、この山を大師に献上したと言われています。

m_pankarahokke1.jpgぱんから:
よいしょ、よいしょ

m_pankarahokke2.jpgぱんから:
おーい

m_pankarahokke3.jpgぱんから:
お参りしたよ。降りまーす。

そして
m_pankarakane1.jpgぱんから:
いくよっ

m_pankarakane3.jpgぱんから:
ごーん

合掌。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | Japan>四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

愛媛 - 第45番札所海岸山岩屋寺

四国八十八ヶ所第四十五番札所海岸山岩屋寺。(11月30日)

ぱんからくんがお参りに行きました。

駐車場から約20分小さな道を歩いて、ようやく境内にたどり着きます。小さな道と簡単に書きましたが、最初の坂はとてもきつく、すぐに息が切れて しまいます。山門をくぐって階段を上がると少しなだらかな道になりので、そこまではゆっくりゆっくり歩くのがコツのようです。なだらかな道のあとは、階段の道が続 きます。

m_pankarakuri1.jpgぱんから:
庫裏が岩とくっついとるよ

ぱんからくんは元気に一番上の大師堂まであがりました。

m_pankaradaishido3.jpgぱんから:
立派だねぇ、大師堂だよ

(また)暗い写真になってしまいました。弘法大師さまのお堂です。いざ本堂へ。

m_pankarahondo1.jpgぱんから:
のうまくさんまんだ〜

ご本尊は不動明王です。(横のはしごが気になるぱんからくん)

続く…

English here
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | Japan>四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

愛媛 - 古岩屋

はじめてのぱくぱく撮影。(11月29日)

名勝、四国カルスト県立自然公園「古岩屋」(愛媛県上浮穴郡久万高原町)の入り口付近をぱんからくんを連れて散策しました。
m_pankarafuruiwaya1.jpgぱんから:
古岩屋…

不思議な岩山がにょきにょきとそびえています。それを背景に、ぱんからくん、はいチーズっ。
m_pankarafuruiwaya3.jpgぱんから:
く、暗いっ。ちゃんと写ってないやんか。

noboの袖も写ってるし…。ぱくぱく撮影の難しさ、というよりnoboのカメラ技術の問題?それはさておき、整備された散策路を歩いて自然を楽しむのに絶好の場所なのですが、
m_pankarafuruiwaya4.jpgぱんから:
もう帰るん?

noboの実家で、ぱくぱく達を拾って(お父さん、お母さん、パンダをありがとう。)、hino(noboの連れ合い)の実家へ向かう途中のひと時でした。

English here
posted by nobo at 00:00| Comment(5) | Japan>四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

はじめに

noboと申します。あるまどのパックンパペットたちがイギリス、ケンブリッジから、生活の一端を紹介します。

イギリスでお世話になっている方々との井戸端会議コミュニティで紹介されたCute Overloadというサイトが、この可愛いぱくぱくパンダを知るきっかけでした。実は、初めてぱくぱくパンダの本家サイト、港北ニュータウンのパンダたちにうかがったのが、たまたまサイトがダウンしていた日だったのですが、どうしても「お花見パンダ」をあきらめられず次の日にまたうかがって、それからもうぱくぱくパンダワールドの一員です。

親切なPanserさま、Aoiさまをはじめとするぱくぱくスタジオの皆様と、それから、この素敵なサイトのお仲間のパンダ家族の皆様の楽しい日記などの情報のおかげで、パックンパペットを手に入れることができました。写真を撮っては、ぼちぼち更新していきます。どうぞよろしくお願いします。

English here
posted by nobo at 00:00| Comment(4) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。