2007年10月31日

Cambridge - 10月のSt.Andrews Park

October.くもり時々霧雨
(10月25日)

亜米利加紀行の途中ですが、おなじみSt. Andrews Parkです。

2007102501_standrews.jpg

ぱんから:
落ち葉
落ち葉に埋もれてみるぱんからくん、思わずアノときのユウちゃんを思い出すのでした。
「ユウちゃん、元気かな。」

2007102502_standrews.jpg

ぱんから:
色づいてます。

紅葉のことはAutumn Foliageというそうです。やっぱり、Japanese Mapleの赤にはイギリス人も圧倒されるようです。また、「紅葉狩り」という日本語が最近テレビや新聞で紹介されるようになりました。
2007102503_standrews.jpg

ぱんから:
落葉でござる
色づくというより、枯れて落ちる葉を楽しむ感じのイギリスです。

2007102504_standrews.jpg

ぱんから:
ベンチでほげぇ
posted by nobo at 00:00| Comment(5) | U.K.>St.Andrews Park in 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

Salem, MA - うしわかの亜米利加野球紀行9

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)の続きの続きの続きの続きの続きの続きの続きの続き。

Zzzz~~~もう少しですから、起きてください。

9月25日

翌26日のFenway Parkでの観戦を前に郊外のSalem市を観光しました。Salemは魔女裁判で有名です。

旅行中夏日が続きましたが、朝晩は気温が下がるためか、紅葉も次第に進んでいる様子が分かりました。一面がいろづくころはさぞかし美しいのだろうなと思いながらドライブしました。

2007092501_drive.jpg
うしわか:
日本の紅葉が見たいよぉ

noboがSalemを知ったのは、あのテレビドラマ「Bewitched(奥様は魔女)」からでした。
2007092503_samantha.jpg
うしわか:
サマンサだ

このSamantha像が2005年に建てられたそうですが、魔女狩りや魔女裁判等の悲劇的史実を茶化すことになるのではないかとの議論が未だあるようです。歴史を知らなかったnoboにはSalem Witch Museumのとてもよい勉強になりました。あるものに非常に強い恐れをもつことによって、偏った判断をする人が多数を占めてしまったときに冤罪を生み出すことの悲劇。17世紀から現在に至るまでまだ似たような悲劇は繰り返されています。

2007092502_salem.jpg
2007092504_townhall.jpg
うしわか:
Salemのまち〜

そして、この像!ドラマの中でDarrinがこの像になってたのを覚えてるんだけど。
2007092505_statue.jpg
うしわか:
ハロー

2007092506_witchmuseum.jpg
2007092507_witchmuseum.jpg
うしわか:
Witch Museumぅぅぅ〜

ここは過去に貿易で栄えた都市だそうで、港もありました。

2007092510_friendship.jpg
2007092511_friendship.jpg
うしわか:
Friendshipというおふね〜

海辺といえば、アイスクリーム(?)。「手作りアイスクリーム:Today's Special: Blueberry」!

2007092508_ice.jpg
うしわか:
わぁい

ここで、maruちゃんゴルビー事件に次ぐ出来事が。。。(おおげさな_)

2007092509_ice.jpg
うしわか:
つめたいよ

コーンからはみでていたアイスがうしわかの頭に落ちていたのでした。キャー。急いできれいに拭いてあげました。うっすら紫になってしまいました。

2007092512_witch.jpg
うしわか:
紫と黒の魔女ぉぉぉ
ゆったりと時間の流れる町という感じでとてもリラックスできました。

そしてついに。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(6) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

Boston, MA - うしわかの亜米利加野球紀行8

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)の続きの続きの続きの続きの続きの続きの続き。

あの〜もう10月の終わりですよぉ?もう少しですから。ほんとに楽しかったんだよ〜♪

9月24日

Fenway Park stadium tourのあと、Boston市街に出ました。観光の中心ともいえるFaneuil Hall、Quincy Market周辺です。

2007092416_faneuilhall.jpg
うしわか:
Faneuil Hallでござる

2007092415_quincymarket.jpg
うしわか:
Quincy Marketでござる

ぱくぱくスタジオ
さんでも紹介されているBostonのFreedom Trailはここも通っています。

2007092417_freedomtrail.jpg
うしわか:
Freedom trailの赤線でござる

Bostonは80年代から90年初めにかけて放送された西洋では有名なSit Com(situation comedy)、「Cheers」の舞台でした。そのレプリカバーがここにあります。そこでお食事をしました。

いい天気が続き、のども渇きました。水もジュースもごくごく飲みました。
2007092413_cheers.jpg
うしわか:
ジュースぅ

2007092414_cheers.jpg
うしわか:
Cheers!

天井にまるで撮影スタジオのように照明がたくさんついていて、雰囲気を出していました。

もう少し続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

Fenway Park, Boston, MA - うしわかの亜米利加野球紀行7

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)の続きの続きの続きの続きの続きの続き。

まだ続くの〜?はい。まだあります。だって、楽しかったんだもん〜♪

9月24日

今回がBoston旅行4度目、Fenway Park3度目、なのに、まだFenway Park 「stadium tour」に行っていませんでした。行くぞ〜っ!てなわけで、

2007092401_fenway.jpg
うしわか:
Fenway Parkにキチャッター☆
(©Slackeyさん)

Yawkey Wayにあるチケット売り場で申し込み、チケットを持って、同じくYawkey Wayにあるお土産屋さん内で「集まれ〜」の声がかかるまで待ちました。

さ、本日のガイドのお兄さんがやってきて、荷物検査のあと入場。

2007092402_fenway.jpg
2007092403_bud.jpg
うしわか:
わくわく
2007092404_bud.jpg
2007092405_bud.jpg
うしわか:
どわいす?

まずは、Budweiser席というライト上のテーブルつきの所へ行きました。有名な「Green Monster」と呼ばれるレフト側の大きな緑の壁が見えます。ここで写真を撮ってもらうことが出来ます(この写真はツアー終了時に購入できて、きれいな枠に試合写真と大きな写真一枚プラス大きさの違う3枚のコピーとで20ドルでした)。

そして、バックネット上方のプレスルームへ。

2007092406_topressseat.jpg
2007092407_pressseat.jpg
うしわか:
報告ですっ

ライバルのNew Yorkからの記者席は、前2列にはなく、うしろのほうにうっちゃられているのだとか(ホントかいな)。

それから、2003年に出来て以来大人気のMonster seatsへ。Green Monsterの上にある席です。
2007092408_coke.jpg
うしわか:
さわやかCoke!
 
2007092409_monster.jpg
2007092410_monster.jpg
うしわか:
違い探し?

ここ、Monster Seatで、noboの大好きなNomar Garciaparra選手がいたころの話(Nomar選手が試合で放ったホームランの打球がこの席にいた人の鼻に直撃、その話を聞いた優しいNomar選手は試合後その人を手厚くお見舞いし、怪我をした人の鼻は治療後Nomarのと同じ形になったとか(笑。注:Nomarの鼻はとっても高くて長いのです)を聞きました。Nomarの打球なら当たってみたい?

そして、バックネット付近の席に移動して、さらに球場、球団にまつわるいろいろなお話を聞きました。その途中...
2007092411_manny.jpg
うしわか:
Mannyだぁっ

一時怪我でお休みしていたManny Ramirez選手と、福禄寿に似ているKevin Youkilis選手が試合復帰に向けた打撃練習に現れたのでした。

2007092412_manny.jpg
うしわか:
Mannyぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜

シアワセ〜な気分でツアーは終わりました。

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(5) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

Shrewsbury, MA - うしわかの亜米利加野球紀行6

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)の続きの続きの続きの続きの続き。

9月22日

ホテルの近くにおいしそうなレストラン発見。
2007092201_bugaboo.jpg
うしわか:
むぅ〜す

ステーキなどたっぷり食べられるチェーンレストランです。

2007092202_bugaboo.jpg
うしわか:
カクテルでどす。

そして、どどーん。Smoked Baby Back Ribs。。。

2007092203_meal.jpg
うしわか:
おいしそうでござる

指をなめなめ、食べました。おいしゅうございました。アメリカに来て、胃がどんどん大きくなっていきます。hinoのステーキがやってきて、「焼き具合を切って確認してください。」といわれてBaked Potatoを切り始めたhino(暗かったし、ジャガイモの形とステーキの形、そして色も似ていたのでnoboもしばらく気がつかなかったけれど)。もう一回笑っちゃお。ぷぷ。

残りをお持ち帰りということも出来ましたが、もくもくと食べ続けてしまったhinoとnoboでした。うしわかも満足。
2007092204_outside.jpg
うしわか:
いえ〜い

まだまだ旅は続くのです。

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(5) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

Cape Cod, MA - うしわかの亜米利加野球紀行5

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)の続きの続きの続きの続き。

9月20日

移動日。
2007092001_driving.jpg
うしわか:
紅葉紅葉。
この日から25度から30度くらいの快晴が続きました。イギリスで、夏のなかったhinoとnoboにはうれしい天気でした!


9月21日

一度は足を延ばして行ってみたかったCap Codへ。
2007092101_capecod.jpg
うしわか:
遠くに海じゃ

うでを力こぶをつくるように折り曲げたような形のCape Codです。「まだ、脇のところ。」「ようやく、肘。」と、かなり長い間車に乗ってやっと手の先、Provincetownへ到着しました。夏の陽気、Seaside Resort日和でした。

2007092102_capecod.jpg
うしわか:
近くに海じゃ

のども渇いたし、おなかも減ったし、まずはお昼を食べることにしました。

2007092103_juice.jpg
2007092104_juice.jpg
うしわか:
ゴクゴクゴクゴク

うしわかを撮影していると、後ろからものすごい笑い声が聞こえました。うしわか撮影に反応したおばさまでした(これが、この旅で最初で最後のアメリカ人からの反応だったような気がします)。
2007092105_lunch.jpg
うしわか:
おいしゅうございました。
カラマリとカリビアン風フィッシュケーキ。美味しかったです。

町にはおしゃれなお店がたくさんあります。Salt Water Taffyというコーンシロップの飴ちゃんが各店で売られているようだったので、買ってみました。買ったお店にちょっとした観光案内ポスターがあり、モニュメントに上ることが出来ることが分かりました。どこにある?

2007092106_townhall.jpg
2007092107_monument.jpg
うしわか:
左はTown Hall
後ろにはPilgrim Monument

ここProvincetownは、Mayflower号にのってヨーロッパからやってきたPilgrims達が最初に立ち寄った地です。彼らのほとんどは海をもう少し西へ進んだPlymouthに定住したそうですが、ここでMayflower Compactと呼ばれる誓約(自治に関すること等)にサインした歴史的な場所です。それを記念して20世紀のはじめに建てられたモニュメントなのだそうです。

高いところには昇らなくちゃ!

2007092108_monument.jpg
2007092109_monument.jpg
うしわか:
上まで入らなかった。。。

小高い丘の上にさらに高い塔が建てられているのでした。上まで上がったら、気持ちいいだろうなぁ。でも、汗かくなぁ。でも、やっぱり頑張るぞ。

2007092110_monument.jpg
うしわか:
のぼる〜のぼる〜

はぁっはぁっはぁっはぁっはぁっ

2007092111_monument.jpg
2007092112_monument.jpg
うしわか:
気分爽快ぃ〜

モニュメントのあと、ビーチを裸足になって歩きました。

2007092112_beach.jpg
うしわか:
えへへ
久しぶりに太陽をいっぱい浴びた一日でした。このCape Cod周辺にも、大きなチェーンのレストランなどはなく、ローカルビジネスを大事にしている感じでした。

まだまだ旅は続くのです。

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

Cooperstown, NY - うしわかの亜米利加野球紀行4

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)の続きの続きの続き。

9月19日
Major League Hall of Fame and Museumの外にいったん出ることにしました。

2007091918_doubleday.jpg
うしわか:
キチャッター☆(©Slackeyさん)

MuseumのあるMain Streetを歩いて数分のところにDoubleday Fieldというこぢんまりした野球場があります。Abner Doubledayという人が1839年に野球をはじめたというfolkloreがあるそうです(あまり信憑性はないようです)。ここで、大リーグの殿堂入りの発表が行われる夏に、「Hall of Fame game」というExhibition gameが毎年行われています。

2007091917_doubleday.jpg
うしわか:
球場だー

この近くの野球グッズ店でレジのお兄さんが、「これに書いてある名前、分かるかい?」と日本語の書かれたサインボールをhinoに見せてくれました。そこには、なんと「まーくん(田中将大選手)」や「ゆうちゃん(=ハンカチ王子:斎藤佑樹選手)」の名前が書かれていました。一年前に日米親善高校野球大会があったときに、この球場で試合が行われたそうです。そのときにチームのみんなにサインしてもらったのだとか。「高校生にしては大勢が一つの小さなボールにpretty neatに書いてくれたよね」 とお兄さん。ちなみに、そのときは日本の高校生チームが二人の好投で勝ったそうです。

秋の気配が。。。と思っていたら、気温はあがり、とても気持ちのよい25度前後の天気になりました。Museumの裏も歩いてみることにしました。Museum内のギャラリーから図書館に向かうロビーのようなところから見えていた芝生の広場にやってきました。

2007091912_statue.jpg
うしわか:
いえ〜い

2007091913_statue.jpg
うしわか:
いでぇ

この銅像たちは、野球の歴史上、平等に扱われなかった時代にメジャーになれなかった黒人リーグ、女性リーグに敬意を込めて作られたものです。

2007091914_statue.jpg
うしわか:
ど〜こだ?

2007091915_statue.jpg
うしわか:
ここでござる

パンダ家族のニモ子さんにささげる一枚(各国の消火栓のお写真を集めてらっしゃいます)もここで撮りました。

2007091916_nimoco.jpg
うしわか:
ども。

アイスを食べて、お買い物をして、もう一度、Museumに戻りました。

2007091919_hof.jpg
うしわか:
ballgame
today 2:00PM

あ、まだありましたっ!イチロー選手の展示。最多安打の記録を作った2004年もものです。そのときに使用していたユニフォームや靴などが飾られていました。

2007091906_ichiro.jpg
うしわか:
イチロー選手ぅ〜

見所いっぱいでした。途中、「スタジアムの変遷」についてのプレゼンテーションもあり、楽しいお話を聞くことも出来ました。楽しかったです。

2007091911_childrenroom.jpg
うしわか:
えへへ

2007091910_crackerjack.jpg
うしわか:
えへへ

たくさん歩いて、日に当たった我々。気がつくと、うしわかは大口開けて寝ていました。
2007091921_mohican.jpg
うしわか:
ZZZzzz
まだまだ旅は続くのでした。

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(7) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

Cooperstown, NY - うしわかの亜米利加野球紀行3

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)の続きの続き。

9月19日
Major League Hall of Fame and Museumへ行きました。

2007091901_hof.jpg
うしわか:
入り口でござる

ロビーには2体の選手像があります。ひとつはGeorge Herman "Babe" Ruth, Jr.のもの、もうひとつはTed "The Kid" Williamsの、我等がRed Soxの伝説的ヒーローです。彼は実は選手生活を中断し、対日太平洋戦争、朝鮮戦争にも空軍パイロットとして参加して戦った真のアメリカン・ヒーローでもあります。歴史を感じますし、真摯にあの戦争の事実を受け止めたいと思います。

2007091902_kid.jpg
うしわか:
The Kidさま〜でござる

Ted Williams選手は、生涯打率 .344 を残したすばらしい選手です。イチロー選手だったら最高打率記録を塗り替えるのも夢ではないとついつい素人は思ってしまいますが、イチロー本人は打率よりヒット数を目標にしているようですね。さて、Tedの脳はボストンの大学のどこかに保存され、このヒットマシーンの研究がなされているという噂があります。

一方、日本でも有名なBabe Ruth選手は、デビュー当初Boston Red Soxで投手として活躍していました。それが球場の改修費用稼ぎにあろうことかライバルのNew York Yankeesに売られ、そこで打者としてみなさんもご存知のホームラン記録を作ることになったのです。Babe RuthはRed Soxでも球団の殿堂に入っています。背番号のない時代にプレーしていたため、Babeの番号がRed Soxのリタイアされた番号の中に入っていないのだそうです。

2007091904_babe.jpg
うしわか:
Babeさま〜でござる

チケットを購入して入場すると、シアターでIntroduction Movieの時間を教えてもらいます。時間になったらシアターに入ります。野球場にあるような座席に座ります。hinoとnoboはRed Soxギアを着用していましたので、Yankeesギア着用の人々が「2.5ゲーム差だね〜」とその頃負け気味でヤンキースに追いつかれそうだった我がチームを野次って話しかけてきました。ちっ、今だから言える「Division優勝したもんね〜へっへぇー。」

2007091903_theatre.jpg
うしわか:
いえ〜い

日本関連の映像は?ありました、ありました!好プレーを集めた映像が流れるときに元阪急ブレーブス(80年代)の山森選手が西宮球場のフェンスをのぼってホームラン性の打球をキャッチするところ!計算されたような完璧なタイミングに観客はここで感心の笑いを漏らします。ふふふ。日本の守備はすごいのだ!

2007091905_fans.jpg
うしわか:
うっふっふ

殿堂入りするのは選手だけではありません。生涯、応援するチームの長距離移動などものともせず、ファンを続け観戦を続けた名物ファンの皆様もこのように殿堂入りを果たしています。2005年に見たときよりもきれいな展示セットになっていました。うしわかも殿堂入りを目指す?

2007091909_gallery.jpg
うしわか:
ギャラリーでござる

展示場は2、3階で1階は殿堂入りした選手のプレートが並べられているギャラリーです。ここでMajor Leagueで活躍した選手の名前を探すのもまた面白いのです。2007年、今年殿堂入りを果たしたのはTony Gwynn選手とCal Ripken, Jr.選手でした。彼らがプレーした最後の年2001年がイチロー選手のデビュー年です。イチロー選手がオールスターに初出場したときに、彼らが会場から大喝采を送られていたのが印象的でした。二人とも文句なしの殿堂入りでした。Ripken選手は衣笠選手の連続試合出場記録を1996年に抜いたことで日本でも有名な選手だと思います。

2007091905_gwynn.jpg
うしわか:
Gwynn選手ぅ〜

2007091908_ripken.jpg
うしわか:
Ripken選手ぅ〜

見所はたくさんありますがずーっと見続けるのも大変です。この博物館のいいところは入り口で手の甲にスタンプを押してもらえばその日のうちに何度でも出入り可能なのです。ではちょっと休憩。

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(4) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

Cooperstown, NY - うしわかの亜米利加野球紀行2

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)の続き。

9月18日
マサチューセッツ州を越えて、ニューヨーク州へ入りました。いわゆるUpstate New Yorkです。New York Metropolitan areaはニューヨーク州の南端に位置しており、そのあたりに対して、北のほうの州の大部分をUpstate New Yorkというそうです。

Mass. Pikeという高速のあとはAlbanyへ向かって北へ走り、そしていよいよ、Major League Hall of Fame and Museumのある、Cooperstown、NYにやってきました。

2007091803_cooperstown.jpg
うしわか:
CooperstownのMain St.でござる

Otsego Lakeの南に位置する緑がいっぱいの小さな町です。実はここに来るのは2回目です。一度目はRed Soxが86年ぶりにWorld Championになった記念すべき2004年の展示がなされていた、2005年の早春でした。またその2004年はイチロー選手が年間最多安打記録を更新したシーズンでもありましたので、その展示も見ることが出来て幸せでした。

2007091804_hof.jpg
うしわか:
Major League Hall of Fame and Museumでござる

Museumも前と変わらずにドシッと建っていました。次の日にたっぷりと観覧する予定です。

Main Street沿いには、スタバもマックもありません。野球関係の名前のついたお土産屋さんやカフェ・ダイナーがずらりと並んでいます。お店の名前を見て歩くだけでもおもしろいです。

2007091806_shortstop.jpg
うしわか:
ショートで4番!


ほら!ショート(英語ではShort Stopという)のレストランです。他にもTriple Play Cafe、The Bullpenという軽食喫茶店もありました。お土産屋さんにもMickey's Place(Yankees レジェンド Mickey Mantleに因んだ)、Rivalries(New York Yankees vs Boston Red Sox)などなど洋服、小物、記念品となんでも揃います。

少し歩くとOtsego Lakeに臨む公園があります。夕飯までそこでのんびりすることにしました。

2007091807_lake.jpg
うしわか:
いえ〜い

2007091809_lake.jpg
うしわか:
いえ〜い

2007091808_lake.jpg
うしわか:
いえ〜い


夕飯はTunniclif Innの地下にあるレストランで頂くことにしました。

2007091805_tunniclif.jpg
うしわか:
広場で休憩。

Old Sluggerというビールがありました。

2007091810_tunniclif.jpg
うしわか:
Cheers!

写真はありませんが、たくさん食べました。ごちそうさま〜〜。

今日の収穫はふわふわのRed Sox pillow cusion。
2007091811_mohican.jpg
うしわか:
まくらとパンダ。

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(6) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

Sturbridge, MA - うしわかの亜米利加野球紀行1

アメリカ旅行(9月17日〜9月29日)。

半年以上前から計画していたアメリカ旅行。いってきました!ただいま〜!

チケット?よし!
ユニフォーム?よし!
うしわか?よし!

hinoとnoboは前にも述べましたが、Boston Red Soxの大ファンです。1999年に初めてアメリカへ行きました。それがBostonでした。そのときとても楽しかったこと、たまたま野球のチケットを買うことが出来て初大リーグ体験をしたのがこれまた楽しかったこと、Fenway Park(Red Soxの球場)の雰囲気がよかったこと、いい天気だったこと(イギリスに比べると特にネ)...第一印象って大事です。いいことばかり覚えているので、また行こうね、と今回で4度目の訪問です。

9月17日
空港には夕方に着きました。旅の前半をMajor League Hall of Fame and Museumのあるで過ごすつもりなので、空港で車を借りて西へ西へ。

目的地までは、まだ150キロくらいあります。途中のSturbridge、MA(マサチューセッツ州)という町で、Motelに泊まりました。

2007091701_super8.jpg
うしわか:
ア〜メリィ〜カ〜♪

余談ですが、アメリカの北東地方はNew Englandと呼ばれていて、イギリスの地名がごろごろあります。イギリスにもBostonがありますし、Sturbridgeもあります。アメリカのGreater BostonにはCambridge市もあります。あのHarvard Universityがある街です。

さて、このSturbridgeには、Old Sturgridge Village living history museumという19世紀前半のNew England地方の生活を再現している場所があるそうです。今回は野球紀行なので、こちらには寄りませんでした。

9月18日
Rise and shine〜!次の朝、カーテンを開けてみるとそこには
2007091801_super8.jpg
うしわか:
湖だ!

暗くなってから着いたので気づかなかったのですが、きれいな湖の見えるお部屋でした。いい天気!ではでは、目的地までLet's Go!

2007091802_driving.jpg
うしわか:
ぽぉーっと色づく、秋の木々

途中少し高めの道沿いにほのかに色づく木々が見えました。実は旅行前に調べた現地の天気は、もう夏は終わったかのようだったのです。しかし、この日テレビでみた天気予報では、20度から25度くらいになる様子です。我々のために夏が戻ってきてくれるのか、とわくわくのhino、noboとうしわかでした。

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(9) | USA>Autumn 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。