2008年02月28日

家 - sweetheart cabbage

以前、イギリスでお世話になっている日本人のMieさん、shibainuさんに教わったのがこれ、sweetheart cabbage。頭の先がとがった形のキャベツです。スーパーで売られているキャベツは数種類ありますが、このキャベツの千切りが日本で食べる千切りの味に似ているのでお世話になっています。

2008020901_sweetheart.jpg
Normal Size組:
Tada~(じゃじゃ〜ん)

この日のメニューはトンカツ。キャベツもたくさんいただきました。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

Cambridge - close-up snowdrops

snowdropsをクロースアップしてみました。

2008020242_up.jpg

こんな感じです。一番左にあるお花のように徐々に2枚の長い花弁が開いていきます。かわいらしいです。

2008020207_snowdrops.jpg
るんるん。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

家 - ピピーッ

せいれーーーつ

ぴっ。

2008012701_kumitaiso.jpg
下段:
うぇい。

ぴっ。
2段目用意。

2008012702_kumitaiso.jpg
下段、2段目:
うぇい。

ぴっ。
上段用意。

2008012703_kumitaiso.jpg
下段、2段目、上段:
うぇい。

ぴっ。

2008012704_kumitaiso.jpg
下段、2段目、上段:
うぇい。

ぴっ。(右)
ぴっ。(左)
ぴっ。(前)

ぴぴーっ。ぐしゃ…は、やってません。

組み体操。noboは「ピラミッド」、hinoは「俵」といいます。
※ぴぴーっはタエさんちのだいふくちゃんが吹いている笛の音、のつもりです。
posted by nobo at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

家 - ある日のうしわか

うしわかが2階へあがっていきます。

2008012602_cleanhands.jpg
うしわか:
トントントン
どこへ行くの?

うちは、日本で言うとメゾネット型の家。全部屋オープンプランで螺旋の階段で2階の寝室、バスルームへとつながっています。

2008012603_cleanhands.jpg
うしわか:
トントントン
あら、下りてきた。何してたの?

2008012604_cleanhands.jpg
うしわか:
手を洗ったの

えらいぞ、うしわか。うがいもしたかね?
posted by nobo at 00:00| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

家 - butternut squash

イギリスに来た当初は、スーパーマーケットでかぼちゃをみることはありませんでした。ハロウィン頃にオレンジ色のパンプキンが売られてはいましたが、装飾用のおばけかぼちゃだから食べるには大味でした。

リバプールにいたころに知り合ったカナダ人のおばさんにかぼちゃのことを話したとき、「それならPumpkinというよりSquashという名前のほうが近い」と教えてくださったことから試しはじめたのがbutternut squashという野菜です。

2008012601_butternutsquash.jpg
Jr.組:
Tada~(じゃじゃ〜ん)


見た目はひょうたんのような形ですが、切ってみると中はオレンジ色です。日本のかぼちゃほどのホクホク感はないものの、甘さは十分で煮付けてもおいしいので重宝しています。

あれから○年。2、3年前から、イギリスのTesco(大手スーパーマーケット)でもカボチャ型のかぼちゃを見かけるようになりました。ラベルには「Squash (kabocha)!!」かぼちゃではないかい!主にフランス産です。常時陳列されているわけではありませんが、かぼちゃがイギリス人の食卓に上ることもあるのかしら?それはまだ?ですが、随分便利な世の中になりました。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

Cambridge - Snowdrops at Anglesey Abbey その4

2月2日。Snowdrops at Anglesey Abbeyの続きの続きの続き。

ほとんどの芝生エリアは立ち入り禁止になっていたとはいえ、歩くところはたくさんありました。
2008020248_snowdrops.jpg
2008020251_snowdrops.jpg
2008020252_snowdrops.jpg
Winter Walkも歩いてみましたよ。

2008020253_snowdrops.jpg
2008020254_snowdrops.jpg
2008020255_snowdrops.jpg
さすが、Winter Walkというだけあり、冬でもいろとりどりの木やお花が植えられている小道でした。赤やオレンジの枝の伸びる不思議な潅木。。。きれいでした。その中にもSnowdropsがちらちらとありました。

2008020256_snowdrops.jpg
2008020257_snowdrops.jpg2008020258_snowdrops.jpg
「まわたいろした〜シクラメンほど〜♪」「しらかば〜♪」歌の世界もありました。

2008020240_snowdrops.jpg2008020241_snowdrops.jpg
みんな寒かったけれど、たくさん歩き回り、遊びました。楽しかったなぁ。
posted by nobo at 00:00| Comment(5) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

Cambridge - Snowdrops at Anglesey Abbey その3

2月2日。Snowdrops at Anglesey Abbeyの続きの続き。

Snowdropsだけではありません。冬のお庭は夏とは違った趣があります。
しずか:「見て見て!」
2008020212_snowdrops.jpg
2008020217_snowdrops.jpg
2008020218_snowdrops.jpg
右の写真は、確か夏にはDahlia Gardenになるところです。土が耕されていました。

2008020220_snowdrops.jpg
2008020243_snowdrops.jpg
Houseです。夏にはこのお屋敷の中に入って、美しい家具や絵を楽しむことが出来ます。

hino専用ぷぁく:「Woodland Walkを歩いてみるよ」
2008020225_snowdrops.jpg
2008020227_snowdrops.jpg2008020226_snowdrops.jpg
にこにこ。
大きな木もありました。

2008020244_snowdrops.jpg
2008020246_snowdrops.jpg2008020247_snowdrops.jpg

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

Cambridge - Snowdrops at Anglesey Abbey その2

2月2日。Snowdrops at Anglesey Abbeyの続き。

Snowdrops!!ありました、ありました!
ぱん慶:「見て見て!」
2008020208_snowdrops.jpg
2008020209_snowdrops.jpg

日本でnoboの母が庭に植えていた鈴蘭水仙(春咲きのSnowflakesのこと)を思い出しますが、それとはお花の形が違います。鈴蘭水仙よりも細身の花弁が下向きに垂れています。6枚の花びらがあり、そのうち外側の3枚は内側よりも長く、少しずつ外へと広がっていきます。
2008020250_snowdrops.jpg

ぱん慶:「あ、あそこにも。そこの群れもきれいだよ。」
2008020231_snowdrops.jpg
2008020232_snowdrops.jpg

きれいなのはSnowdropsだけではありません。おや、しずかちゃんも冬の庭にみとれています。
2008020210_snowdrops.jpg
2008020211_snowdrops.jpg

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

Cambridge - Snowdrops at Anglesey Abbey その1

2月2日。Snowdrops at Anglesey Abbey。

12月末から1月のイギリスは平年よりも温かく、最高気温が10度前後になるなどのいわゆる異常気象でした。1月半ばまでは雨も多く、日照時間が短いこの時期を余計に惨めなものにしてくれました。2月になって雪のところもあったようですが、Cambridgeは雪なしの冬で終わりそうな気配です。

さて、この季節に咲く花にSnowdrops(スノードロップ・マツユキソウ-待雪草)があります。

Cambridgeの北東8キロくらいのところにあるAnglesey Abbey(National Trust)は、Jacobean様式のお屋敷ときれいなお庭で有名なところです。庭は1月末から2月半ばにかけて、Snowdropsの美しいことで全国的に有名…なのだそうです。

そんなこととは知らずに軽い気持ちで出かけたhinoとnobo。Anglesey Abbeyの入り口で「Overflow Car Park」という張り紙ともう一つの駐車場の場所を案内している人たちが出ていました。「たくさん人が来るんだね。」この日は、ここ最近で一番の冷え込みでした。

2008020201_snowdrops.jpg
2008020202_snowdrops.jpg
もう一つの駐車場は、イギリスにしてはめずらしく(失礼!)最後まできちんと案内版が出ており、ささっと見つけることが出来ました。でも、この駐車場は芝。雨がふってなくてよかったぁ。

忙しい時用の入り口にはテントが張られ、そこでガーデンへのチケットが販売されていました。とってもやさしくチケットを渡していただいて、ゾロゾロと敷地内に入っていきました。

チケットと一緒にいただいた地図には、この時期Snowdropsを見に2万5千人ものvisitorsがくると書いてありました。この人数が、冬場の雨でドロドロの芝生の上を歩いてしまうと夏までに芝が回復しなくなる恐れがあるため、夏場には散歩を楽しめる広大な芝生エリアはほとんどが立ち入り禁止となっているようでした。夏にも一度、ダリアを見に訪れたことのあるhinoとnobo。「あのきれいな緑はそんなケアがされていたのね」としみじみするのでした。

2008020204_snowdrops.jpg
2008020205_snowdrops.jpg2008020206_snowdrops.jpg

The Mill(粉ひき小屋)を越えて歩きます。The Millでは細いはしごのような階段をのぼって製粉の工程を見学できるほか、そこで製粉された粉を買うこともできます。ここのMillは水車で動きます(左のぱん慶の写真)。

Snowdropsはいずこ?
2008020207_snowdrops.jpg
続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

日本 - しずかちゃん、鉄道阿闍梨をめざせ!四

hinoとnoboは、11月末から2週間弱、一時帰国しておりました。その間にしずかちゃんと日本各地を旅しました。
しずかちゃんと一緒に鉄道写真館の続きの続きの続き。。。

高野山へは南海電鉄で。
2007120400_koyasan.jpg
しずか:
ここは高野山駅。
2007120401_cable.jpg
しずか:
ケーブルカーにも乗りました。
2007120402_cable.jpg
しずか:
ケーブルカーの中から。
2007120403_surechigai.jpg
しずか:
ケーブルカーがすれ違う瞬間。
2007120404_cable.jpg
しずか:
ケーブルカー、上の駅はこんな感じ。
2007120405_koya.jpg
しずか:
特急「こうや」
2007120406_koya.jpg
hino専用ぷぁく:
特急「こうや」の中からいぇ〜い
2007120407_koya.jpg
しずか、hino専用ぷぁく:
特急「こうや」内でのんびり

鉄道の旅でした〜。
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | Japan>General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。