2008年09月30日

Cambridge - ぱんからくんの想ひ出のカレッジ11

帰国前に。
大学のカレッジめぐりをしてみようとぱんからくんが張り切ってお出かけしました。のVol. 11 of 31。

Trinity College

2008040712_trinity.jpg
ぱんから:
ここがあのカレッジなのかぁ

歴史:
1546年にKing Henry VIIIによって設立されました。この王様はElizabeth Iのお父様で、6人もの妃をもったこと、離婚をするためにCatholic教会から破門され、Anglican Church(英国国教会)を作り上げたこと、妃達のなかには処刑された人もいることなどで有名なあの方です。しかし、hinoとnoboの愛読書Crime Fictionシリーズで、このカレッジにはさらに歴史があることを知りました。実は、1324年設立のMichaelhouseと、1317年設立・1337年再設立のKing's Hallという2つのすでに存在したカレッジをまとめることで作られたカレッジなのです。この2つのカレッジの他、7つのhostelsも一緒にされ、とても大きなカレッジとして出発することになったそうです。


印象:
現在でも、カレッジのポーターさん達はボウラーハットをかぶり、古風な感じです。Informationで予約できるWalking tourで運がよければこのカレッジの美しいThe Backsを歩くことができるかもしません。Newtonはここの出身です。2001年に大学図書館でNewton Manuscripts展示があり、noboはニュートンリングの実験ノートを見て感動しました。ついでですが、Charles皇太子もここの出身です。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Colleges in Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

家 - 冷や汁

London rendez-vousのときにパンダ家族のあの方にお土産をいただいておいしく頂いておりましたのを、最近、パンダ家族さんの宮崎訪問があったことで思い出しました。

2008050501_hiyajiru.jpg
しずか:
ひやーじる


愛媛出身の我々ですが、愛媛県でも南のほう、南予と呼ばれる地域では郷土料理としてこれに似たものがあるんです。noboの両親が南予の出身なので「さつま」というこの冷や汁に似たものを食べたことがありました。「宮崎」とか「日向」とかじゃなくて「さつま」っていうところが不思議ですね。

余談ですが、イギリスで「Satsuma」といえば、温州みかんのことです。エゲレスではまだ根強い人気らしいですが最近はヨーロッパを中心に甘ずっぱくジューシーな西洋オレンジが人気のため、ヨーロッパの果樹園ではSatsumaは生産されなくなり、スーパーに置かれているものも南アメリカや南アフリカ産が目立ってきておりました。明治初期に薩摩から温州みかんが欧米に運ばれたことからその名前がついたとか。そうそう、イギリスではクリスマスの頃、子供のStocking(くつした)に詰められる果物がSatsumaだったとか(今はどうでしょう)。テレビに出る人たちが「なーんだ、またSatsumaかって思ってたんだよね」などと想い出を話したり、ある人の家はSatsumaではなくPomegranateだったとかで「ひゃー、poshだわん」といったりしていたのを思い出します。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

家 - 答えは

さぁ〜て、前回の問題の答えです。

その前に、とっても想像力豊かなコメントをいただきましたので一緒に入れちゃいます。

Andyさん
茹でている。。。
そして「パンだ」からAoiさんの好きなベーグルに!(笑)

と言うのは残酷なので、
「孫悟空ごっこ」!
白い煙みたいなのは金斗雲!!
あははは、茹でぱん慶→ゆでぱんけー→ゆでぱん!でベーグルですね!座布団一枚!そうそう、「孫悟空ごっこ」といえば、エゲレスでは我々が小さい頃に観たあのテレビ番組まちゃあきさんの西遊記が同時期に放映され大人気だったそうです。で、BBCサイトではこの夏のBeijing Olympicsのキャラクターとして孫悟空をイメージした「Monkey」なるものが登場しておりました。不思議なご縁ですねぇ。

Slackeyさん
「かぽ〜ん」デスカ?
あー、憧れの「かぽーん※」。夢見てます。かぽーん。かぽーん。まだでどす。
※パンダ家族さんの間では、パンダさんたちを温泉・お風呂に連れて行って撮影することが「かぽーん」として人気があります。詳しくはたれまささんちのオリジナルかぽーんをどうぞ。

たえさん
ぱんだの蒸し焼き?
蒸し焼き!?きゃー。サウナパンダだったりして〜。ぱん慶:「うしわかのむしやきはおいしそうだと思います。」うしわか:「えっ。」メタボパンダちゃんたちも脂がのってておいしいかも。なんて、いけない想像をしてしまいます。

Aoiさん
綿飴♪

…急にベーグル食べたくなった(笑
わたあめ!おおっ。夏祭り、noboは綿菓子が大好きでした。あの頃は、忍者ハットリくんの袋にぱんぱんにつめられたのが主流でしたな。今は何だろう。ベーグルといえばnobo家では、アメリカのドラマ「The O.C.」のSethのお父さんSandy Cohenがいつも食べていたことを思い出します。なぜぞ。

きさん
むむむ!
竜宮城でもらった玉手箱を開けちゃったんでしょ!?
おじいちゃんになっちゃうぅぅ〜!!!
このアイデア、いい!!!!!。ぱん慶、白いひげつけて、撮影だ。ぱん慶:「えっ、牛乳飲むんですか。」
いつかやってみましょうかねぇ。誰かもうやってたりして。Andyさんちとか、箱をよく開けてますから、どうでしょう。

それでは、答えです。
posted by nobo at 00:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

家 - な〜にかな

さぁ〜て、問題です。
一体コレは何をしている写真でしょう。

2008083001_pankei.jpg
ぱん慶:
いえ〜い
答えは後日。
posted by nobo at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

Cambridge - ぱんからくんの想ひ出のカレッジ10

帰国前に。
大学のカレッジめぐりをしてみようとぱんからくんが張り切ってお出かけしました。のVol. 10 of 31。

Trinity Hall

2008040711_trinityhall.jpg
ぱんから:
壁がドシンとあるのです

歴史:
1350年、黒死病のはやっていた中世にNorwichの司祭Bishop Batemanによって設立された、現存するカレッジの中で5番目に古いカレッジです。設立当時は研究者・学生が寝食するところを「Aula」または「Hall」といっており、その後、「Collegium」や「College」という名で呼ぶことが流行したために名前をHallからCollegeに変えるカレッジがあったそうですが、「Trinity College」というカレッジがすでにKing Henry VIIIによって作られていたためにそのままの名前で残っているそうです。

印象:
Senate Houseの北の細道Senate House Passageを通り突き当りを今度は右へ入ったところにあるカレッジです。MCR(Middle Common Room)と呼ばれるgraduateの人々が集うことのできる部屋は大学一なのだとか。入った事がないので分かりませんが。

おまけ:
女優のRachel Weiszはこのカレッジ出身です。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Colleges in Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

家 - 今更ですが

7月ごろ、パンダ家族さんの間でちらちらお見かけしたアレ。そう、アレです。noboも買ってたんです。

2008072401_stamp.gif
ぱんから、うしわか、しずか:
スタンプだぁ。
ね、ほら、あるでしょう。

2008072402_stamp.gif
2008072403_stamp.gif
こらこら、遊ばないの。汚れちゃいますよ。
posted by nobo at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

家 - 届きました

ぱんだ家族のなえみさんちももうすぐ届くかな。
といえば、コレです。

2008082601_shincho.jpg
しずか:
キチャッター☆(© Slackeyさん)
キチャッターの使い方がちょっと違うしずかちゃん。nobo家が買った新潮の2冊は「蜘蛛の糸・杜子春」と「日本の昔話」です。

2008082602_ecoshizuka.jpg
しずか:
エコバッグでエコ
何かとエコエコの世の中、日本のエコにはecologicalだけでなく、economicalも含まれているのがおもしろいなぁと思います。

利益追求が第一である企業や政治形態に変化がなければ、我々のような小市民ばかりがecologicalでeconomicalな生活を強いられ、また、それだけではなかなか効果は見えてこないとは思いますが、やりますよ、エコ。小市民の努力は無駄ではないということを見せ付けなくちゃ。

しかし、現在の利益追求は、現在定職についている人々の生活レベルを落とさないためだけのもののような気がします。残業を増やすよりは一人一人が残業のない仕事量になるように雇用枠を広げる(それには減給も仕方ないかな)ほうが、健康的にも家庭のためにも社会のためにも、economicalにも(夜の電気代がなくなります)よろしいと思うのですけど。

noboの独り言でした。
posted by nobo at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。