2009年01月29日

Cambridge - ぱんからくんの想ひ出のカレッジ17

帰国前に。
大学のカレッジめぐりをしてみようとぱんからくんが張り切ってお出かけしました。のVol. 17 of 31。

Emmanuel College

2008040718_emmanuel.jpg
ぱんから:
ふむふむ

歴史:
1584年にSir Walter MildmayというElizabeth I女王下におけるChancellor of the Exchequerだった人によって設立されました。元Dominican Orderのpriory(小修道院)だったところに作られたそうです。プロテスタントの説教者のための教育の場として作られ、今もTheology(神学)の学生、研究者などがいるそうです。女子の入学が許されるのは1979年からだとか。

印象:
Emmanuel Streetというバス乗り場になっている道路と大きな郵便局やRobert Sayle(現John Lewis)のあるSt. Andrews Streetという道路沿いにあるカレッジです。街中にあるけれど、やっぱり静かな感じです。

おまけ:
noboの通っていた会社はSt. Andrews Roadにあって、ここではなかったのですねぇ。StreetとRoadで場所が全然変わってしまうんですなぁ。(自転車で10分くらい離れています。)ははは。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Colleges in Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

Cambridge - ぱんからくんの想ひ出のカレッジ16

帰国前に。
大学のカレッジめぐりをしてみようとぱんからくんが張り切ってお出かけしました。のVol. 16 of 31。

Christ's College

2008040717_christs.jpg
ぱんから:
立派な入り口だ

歴史:
1473年にGod's-Houseという名でスタートしたのがこのカレッジの原型だそうです。当時は現在のKing's College Chapelの建っている所にあったのが、1448年に現在の場所に移動し1505年にKing Henry VIIのお母様Lady Margaret BeaufortによってChrist's Collegeとして再設立されたそうです。

印象:
街に買い物に行くと言えば中央図書館のあるLion Yardという商店街近辺でしたが、その向かいにあるカレッジです。2008年の春我々がちょうど帰国する直前にはそのすぐ近くのRobert Sayle(現John Lewis)というデパート(かな?)とくっついた場所に、「Grand Arcade」というさらに大きな商店街が出来上がったところでした。街中にあるとはいえ、立派な門構えのカレッジの前はなんとなくいつも静かな感じでした。学部生は少なく院生、研究生等々も充実しているカレッジだそうです。

2008040719_grandarcade.jpg
ぱんから:
Grand Arcadeだよーん
2008年4月撮影
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | U.K.>Colleges in Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

Cambridge - ぱんからくんの想ひ出のカレッジ15

帰国前に。
大学のカレッジめぐりをしてみようとぱんからくんが張り切ってお出かけしました。のVol. 15 of 31。

Sidney Sussex College

2008040716_sidneysussex.jpg
ぱんから:
どどーん

歴史:
1596年にCountess of SussexのLady Frances Sidneyの遺言によって設立されたカレッジだそうです。Englandの王政をやめて共和制を一時的につくりあげたあのOliver Cromwellが属していたカレッジでもあったそうです。彼は後にWestminster Abbeyに埋葬されたけれどPosthumous execution(死後、死体を掘り出して行う処刑)にあい、ぼろぼろにされたその首は巡り巡ってこのカレッジのチャペルの下に埋葬されたということです。


印象:
街中のカレッジに住んでいる学生さんたち御用達のスーパーマーケットといえばおそらくSainsbury、その向かい側にあるわりと広い敷地がこのカレッジです。

おまけ:
Englandでさえ、共和制に移行した時期が短期間とはいえあったんだよなぁ。とOliver Cromwellの話を読むたびに考えちゃいます。日本にも第2次大戦後などにそんな動きがあってもよかったのではないかと思っちゃいます(移行がいいか悪いかは別として)。このご時世、「うちの予算をけずってもらっても構いませんよ」なんて一言でもあればもっと人間味があっていいかもしれないのにな。あ、公にコメントが出る前に宮内庁の検閲がはいっちゃうかな。削られる予算といえば、なぜ、防衛費をもっと削減はできないのでしょうね。世界でも屈指の費用をかけている立派な「軍隊」、反戦派の国民も多い中本当に必要なのでしょうかね。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | U.K.>Colleges in Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

北摂、大阪府 - うしわか、竪穴住居へ3 hinoの世界

もう昨年の話になってしまいますが、12月にもステキなところへ行きました。の続きの続き。

hino専用ぷぁくを用意してやる気だったhinoがどんな写真を撮っていたかというと。。。
2008122009_hinopuaku.jpg
hino専用ぷぁく:
キチャッター☆(© Slackeyさん)

2008122011_hinopuaku.jpghino専用ぷぁく:
カフェの中
手を挙げてるよ〜。

おまけショット。
2008122010_hinopuaku.jpg
2008122012_hinopuaku.jpg
フラッシュ!?とずずずーコーヒー。

縄文カフェ「まだま村」
posted by nobo at 00:00| Comment(4) | Japan>近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

北摂、大阪府 - うしわか、竪穴住居へ2

もう昨年の話になってしまいますが、12月にもステキなところへ行きました。の続き。

ガラガラガラ〜。

と戸を開けると、掘り下げられた大きな空間がどーんと現れました。竪穴だもんね〜。この雰囲気を撮影するのはちょっと難しかったので断念。。。

囲炉裏のそばの席に案内されて満足満足のうしわかとぷぁく。
2008122004_madama.jpg
うしわか、ぷぁく:
囲炉裏をかこんでほっ
noboは祖母の家や古いおうちに行くのが好きでしたから、土間を歩いて火鉢をみて、ノスタルジックな気持ちになりました。hinoの田舎にも昔こんなかんじの家々があったとか。。。(hinoは山の人です。見えないけどねぇ。)

2008122005_madama.jpgうしわか:
天井
天井は高く、実は吹き抜けになっています。部屋は、大きな薪ストーブがあるわりには寒いです。でも、吹き抜けをふさぐとこのゆったり空間が壊れてしまうのではないかというまだま村の村長さんのご意向から囲炉裏や火鉢、ストーブが上手に使用されていましたのであったかい空間が出来上がっていましたよ。

そして、縄文ランチをいただきます。
2008122006_madama.jpg
うしわか:
おおっ
玄米ごはんとこのあたりで獲れるお野菜を中心としたお料理が並ぶお皿。季節によって素材も変わり、お料理も変わるそうですよ〜。素朴な味でnoboは大満足。特に玄米ごはんはもちもちしていておいしかったです。

2008122007_jomonlunch.jpg
2008122008_jomonlunch.jpg

うしわか:「これで僕も縄文人?」
nobo:「あ゛ー」

ゆっくりと時間の流れる空間でのお食事でした。ほっとしました。また行きますね〜。

縄文カフェ「まだま村」
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | Japan>近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

北摂、大阪府 - うしわか、竪穴住居へ

もう昨年の話になってしまいましたが。

冬のお出かけです。
「誰連れて行く?」という会話の前にすでにhinoの前にはhino専用ぷぁくが・・・やる気です。noboはうしわかを連れてしゅっぱーつ。

市内から10分もたたないうちに山の中へ。そして竹やぶの続く中、沢へおりるところに縄文竪穴式住居風の建物がどーんと現れました。

そうです。うしわか、いざ、竪穴住居へ〜〜〜
2008122001_madama.jpg
うしわか:
まだま村だよん

静かな山の中に竪穴住居がとてもマッチしてます。

2008122002_madama.jpgうしわか:
いいねぇ
縄文人が住んでいるわけではないので、電気もあるようです(~_~)

2008122003_madama.jpg
うしわか、hino専用ぷぁく:
チーズ
外には古民家風に道具などがおいてあります。でも、さりげなくてとても和みました。

うしわか、hino専用ぷぁく:「いつ中に入るの?」
続く。。。


縄文カフェ「まだま村」
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | Japan>近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

家 - お正月

2008112901_pandabin.jpg
みんな:
せーの

2008112902_pandabin.jpgみんな:
あけまして

おめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

あれ?はろるどさんは?
CIMG1796.jpg
はろるどさん:
Happy New Year!!
posted by nobo at 00:00| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。