2011年02月24日

Cambridge - ぱんからくんの想ひ出のカレッジ26

帰国前に。
大学のカレッジめぐりをしてみようとぱんからくんが張り切ってお出かけしました。のVol. 26 of 31。

St Edmund's College

2008040729_stedmunds.jpg
ぱんから:
坂の途中にあるなり〜

歴史:1896年に設立された、graduate college(主に大学院生、学部生もいるけれど、mature students(社会人))です。16世紀に国教会以外の宗教の学生が締め出され、1871年にやっとまた戻ってこられるようになった後、カトリック信者の学生のコミュニティとして出来たのが原型だそうです。今はスポーツにも力を入れているようです。

印象:New Hallから坂道をくだっていく途中にあります。この坂は小さな道なのだけれど、Ring roadの一部のようなものなので、車の行き来が多いです。自転車で通るときはちょっと注意が必要でした。スポーツに力をいれているカレッジの一つで、ボートレースとか、ラグビーとか、選手の所属カレッジを注目していると、必ず名前が出てきます。
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | U.K.>Colleges in Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

Cambridge - ぱんからくんの想ひ出のカレッジ25

帰国前に。
大学のカレッジめぐりをしてみようとぱんからくんが張り切ってお出かけしました。のVol. 25 of 31。

New Hall(現Murray Edwards College)

2008040728_newhall.jpg
ぱんから:
ここが入り口かな?

歴史:
1954年に、3番目の女子学生のカレッジとして設立。今Darwinカレッジがあるところに当初は建っていたそうです。最近は嘉悦大学の教育文化センターがあるようで、休暇時期には若い日本の女子学生が多く見られることもありましたよ。帰国前に(2008年)、Dame Rosemary Murrayという、このカレッジの最初のプレジデントを記念して、名前がNew HallからMurray Edwards Collegeになると発表されました。

印象:
新しい建物がきれいに並んでいました。建設の際には、発掘調査も行われていたようです。それにしても女子学生が大学で今のように普通に勉強できるようになるまでには、いろいろ大変だったんだなと思います。

P.S.
ぱんから「中途半端なのもナンなので、ぼちぼち始めることにしました。どーもー。校正してくれる人がいないので、ちと心配ですが、よろしくお願いしやす。」
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Colleges in Cambridge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。