2008年05月06日

Cambridge - うしわかの桜2008

楽しみにしていたうしわかの桜。
でも、今年は春先寒かったためか、去年よりも随分開花が遅れているようでした。

4月○日、とうとうお別れを言う日がやってきました。

2008041001_sakura.jpg
うしわか:
げんきでね

つぼみも膨らんできていましたが、開花は我々の出国日には間に合わず…ほろり
お隣のお庭には、例年通りヒヤシンスなどがきれいに咲いて、やわらかい春の陽射しのなか微笑んで我々を見送っているようでした。
気がつけば、Lavenderも新しい葉っぱが伸び始めていました。
2008041002_nextdoor.jpg
2008041003_lavender.jpg

ラベンダーさんも沈丁花さんも、みんなみんな元気でね。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

Cambridge - storm

先日、2月27日にはここイギリスでは二十何年ぶりという地震がありました。午前1時くらいで、noboはベッドがゆらゆらゆれているのに気がつきましたが、あの螺旋階段がギシギシ音を立てているのが少しこわかったです。おそらく、そのときの揺れは日本でいうと震度1か2だったと思います。

そして3月になって、今度は嵐がイギリス全土にやってきました(3月10日、11日、12日)。天気図上の低気圧は台風のように渦巻いていました。

gale(強い風のこと)やgust(突風のこと)で大変なことになっています。各地で暴風によって電気が止まったり高潮で浸水したりしています。おかげさまで、うちは。。。

2008031001_storm.jpg
ぱん慶:
板がとんでるよぉ

大丈夫!?
2008031002_storm.jpg
ぱん慶:
お隣とのしきりの木の壁が
とんでるよぉ

...です。

ぱん慶は安全のためにヘルメットをかぶって外へ出ました。ご安心ください。
posted by nobo at 00:00| Comment(7) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

Cambridge - close-up snowdrops

snowdropsをクロースアップしてみました。

2008020242_up.jpg

こんな感じです。一番左にあるお花のように徐々に2枚の長い花弁が開いていきます。かわいらしいです。

2008020207_snowdrops.jpg
るんるん。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

Cambridge - Snowdrops at Anglesey Abbey その4

2月2日。Snowdrops at Anglesey Abbeyの続きの続きの続き。

ほとんどの芝生エリアは立ち入り禁止になっていたとはいえ、歩くところはたくさんありました。
2008020248_snowdrops.jpg
2008020251_snowdrops.jpg
2008020252_snowdrops.jpg
Winter Walkも歩いてみましたよ。

2008020253_snowdrops.jpg
2008020254_snowdrops.jpg
2008020255_snowdrops.jpg
さすが、Winter Walkというだけあり、冬でもいろとりどりの木やお花が植えられている小道でした。赤やオレンジの枝の伸びる不思議な潅木。。。きれいでした。その中にもSnowdropsがちらちらとありました。

2008020256_snowdrops.jpg
2008020257_snowdrops.jpg2008020258_snowdrops.jpg
「まわたいろした〜シクラメンほど〜♪」「しらかば〜♪」歌の世界もありました。

2008020240_snowdrops.jpg2008020241_snowdrops.jpg
みんな寒かったけれど、たくさん歩き回り、遊びました。楽しかったなぁ。
posted by nobo at 00:00| Comment(5) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

Cambridge - Snowdrops at Anglesey Abbey その3

2月2日。Snowdrops at Anglesey Abbeyの続きの続き。

Snowdropsだけではありません。冬のお庭は夏とは違った趣があります。
しずか:「見て見て!」
2008020212_snowdrops.jpg
2008020217_snowdrops.jpg
2008020218_snowdrops.jpg
右の写真は、確か夏にはDahlia Gardenになるところです。土が耕されていました。

2008020220_snowdrops.jpg
2008020243_snowdrops.jpg
Houseです。夏にはこのお屋敷の中に入って、美しい家具や絵を楽しむことが出来ます。

hino専用ぷぁく:「Woodland Walkを歩いてみるよ」
2008020225_snowdrops.jpg
2008020227_snowdrops.jpg2008020226_snowdrops.jpg
にこにこ。
大きな木もありました。

2008020244_snowdrops.jpg
2008020246_snowdrops.jpg2008020247_snowdrops.jpg

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

Cambridge - Snowdrops at Anglesey Abbey その2

2月2日。Snowdrops at Anglesey Abbeyの続き。

Snowdrops!!ありました、ありました!
ぱん慶:「見て見て!」
2008020208_snowdrops.jpg
2008020209_snowdrops.jpg

日本でnoboの母が庭に植えていた鈴蘭水仙(春咲きのSnowflakesのこと)を思い出しますが、それとはお花の形が違います。鈴蘭水仙よりも細身の花弁が下向きに垂れています。6枚の花びらがあり、そのうち外側の3枚は内側よりも長く、少しずつ外へと広がっていきます。
2008020250_snowdrops.jpg

ぱん慶:「あ、あそこにも。そこの群れもきれいだよ。」
2008020231_snowdrops.jpg
2008020232_snowdrops.jpg

きれいなのはSnowdropsだけではありません。おや、しずかちゃんも冬の庭にみとれています。
2008020210_snowdrops.jpg
2008020211_snowdrops.jpg

続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

Cambridge - Snowdrops at Anglesey Abbey その1

2月2日。Snowdrops at Anglesey Abbey。

12月末から1月のイギリスは平年よりも温かく、最高気温が10度前後になるなどのいわゆる異常気象でした。1月半ばまでは雨も多く、日照時間が短いこの時期を余計に惨めなものにしてくれました。2月になって雪のところもあったようですが、Cambridgeは雪なしの冬で終わりそうな気配です。

さて、この季節に咲く花にSnowdrops(スノードロップ・マツユキソウ-待雪草)があります。

Cambridgeの北東8キロくらいのところにあるAnglesey Abbey(National Trust)は、Jacobean様式のお屋敷ときれいなお庭で有名なところです。庭は1月末から2月半ばにかけて、Snowdropsの美しいことで全国的に有名…なのだそうです。

そんなこととは知らずに軽い気持ちで出かけたhinoとnobo。Anglesey Abbeyの入り口で「Overflow Car Park」という張り紙ともう一つの駐車場の場所を案内している人たちが出ていました。「たくさん人が来るんだね。」この日は、ここ最近で一番の冷え込みでした。

2008020201_snowdrops.jpg
2008020202_snowdrops.jpg
もう一つの駐車場は、イギリスにしてはめずらしく(失礼!)最後まできちんと案内版が出ており、ささっと見つけることが出来ました。でも、この駐車場は芝。雨がふってなくてよかったぁ。

忙しい時用の入り口にはテントが張られ、そこでガーデンへのチケットが販売されていました。とってもやさしくチケットを渡していただいて、ゾロゾロと敷地内に入っていきました。

チケットと一緒にいただいた地図には、この時期Snowdropsを見に2万5千人ものvisitorsがくると書いてありました。この人数が、冬場の雨でドロドロの芝生の上を歩いてしまうと夏までに芝が回復しなくなる恐れがあるため、夏場には散歩を楽しめる広大な芝生エリアはほとんどが立ち入り禁止となっているようでした。夏にも一度、ダリアを見に訪れたことのあるhinoとnobo。「あのきれいな緑はそんなケアがされていたのね」としみじみするのでした。

2008020204_snowdrops.jpg
2008020205_snowdrops.jpg2008020206_snowdrops.jpg

The Mill(粉ひき小屋)を越えて歩きます。The Millでは細いはしごのような階段をのぼって製粉の工程を見学できるほか、そこで製粉された粉を買うこともできます。ここのMillは水車で動きます(左のぱん慶の写真)。

Snowdropsはいずこ?
2008020207_snowdrops.jpg
続く。。。
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

Cambridge - クリスマス

クリスマスイブ

25日は祝日ですが、24日はお休みではありません。でもnoboの会社では(他所もあまり変わらないと思いますが)ほとんどの人がお休みを取り、毎年とても静かです。ノーマルサイズさんたちを3匹連れて行きました。

この日お休みするやさしいドイツ人のボスBさんから事前にイタリアのお菓子の差し入れがありました。
2007122401_italiansweets.jpg
おかしだぁ
心遣いありがとうございました。

オフィスのツリーの前でもポーズを取ったり、
2007122402_officetree.jpg
ほーほーほー
会社の人と一緒にお茶もしたり。
2007122403_officetee.jpg
ちあーず
一年に一度のお気楽日、かな。


クリスマス

毎年恒例ですが、hinoがガモン(ハムの種類)をローストしてくれました。
まずは前菜、Smoked Salmonのサラダから
2007122502_meal.jpg
みんな:
いえ〜い♪
メインはアップルソースでいただきます。
2007122503_meal.jpg
みんな:
いえ〜い♪
nonokaさんからのキャンドルで
2007122501_candle.jpg
この一年に感謝♪

感謝の気持ちを忘れないように。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

Cambridge - 霜月だったもん

どんどん日が短くなるイギリスの秋真っ只中にあって、11月のnoboは少々だらけています。の第四弾。11月16日。

とうとう霜のおりる朝がやってきました。

2007111601_frost.jpg
ぱんから:
おおーさぶ

日の光が低くってまぶしくって、見えないままシャッターをきったところ、

2007111602_frost.jpg
ぱんから:
おおーきれいだ

気持ちよい朝となりました。
posted by nobo at 00:00| Comment(5) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

Cambridge - too late!?

どんどん日が短くなるイギリスの秋真っ只中にあって、11月のnoboは少々だらけています。の第三弾。11月11日。

というわけで、急いで町の紅葉を探索にでかけたnoboとぱんからくん。
ニュースでは、今年はイギリスの紅葉は例年以上にきれいだと言っていました。夏に雨が多かったのがよかったとか。

2007111101_autumn.jpg
ぱんから:
ここはまだきれいだ

イギリスではほとんど見ないイチョウの木ですが、このおうちにあるのを発見!ああきれいな黄金色!
2007111102_autumn.jpg
ぱんから:
いちょうだよ〜
小さい木でしたけど、満足。

Botanic Gardenの入り口付近にある木はどうだろうと横を通ってみました。
2007111103_autumn.jpg
ぱんから:
あちゃー遅かった

あああ

2007111104_autumn.jpg
ぱんから:
スケルトンじゃ〜

ははは。noboよ〜。遅かったか。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

Cambridge - 最後の一葉

どんどん日が短くなるイギリスの秋真っ只中にあって、11月のnoboは少々だらけています。の第二弾。11月4日。

2007110401_lastleaf.jpg
ぱんから:
最後の一葉

赤い葉っぱが向こうに見える建物のすぐ上に見えるのですが、分かるでしょうか。それです。O. Henryのお話を思い出しました。あら、今調べたら、O. Henryさんはアメリカ人だったのですね。知らなかったです。

2007110402_fall.jpg
ぱんから:
お掃除大変ねぇ

ぱんからくん、熊手で落ち葉をかき集めてくれるって?大熊猫手かな。頼むよ。
posted by nobo at 00:00| Comment(0) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

Cambridge - Fireworks

アメリカ旅行のレポも終わり、どんどん日が短くなるイギリスの秋真っ只中にあって、11月のnoboは少々だらけています。第一弾。

イギリスでは花火は11月のもののようです。11月5日はGuy Fawks dayという日でイギリスの街々で花火とBonfire(キャンプファイアのような焚き火)イベントが催されます。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、16世紀にイギリスでGuy Fawkesという人が国会を爆破する計画を実行しようとした事件がありました。彼はその計画が実行前に発覚し死刑になりましたが、この事件にちなんで花火と篝火の行事が行われるようになったそうです。

20071103_fireworks.jpg
ぱんぱん


5日前後は花火が近所でもばんばんあがります。犬にはかわいそうですが、うちの窓からきれいに見えたのをちょうどキャッチしました。ぱんからくんと一緒に撮ろうとすると花火が上がらなくなったり、急いでhinoに撮ってもらったらぱんからくんの鼻だけうつっていたり(鼻火ですな)。

というわけで、パンダなしです。noboはやっぱり花火は夏の気がします。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

Cambridge - The Birds

ぴーぴー

ぴーぴー


ある日のこと。
2007100601_birds.jpg
ぱんから:
ぎょっ

ぴーぴーと外がうるさいので見てみると、鳥がたくさん!!!
2007100602_birds.jpg
ぎょぎょっ

駅の近くの自転車・歩行者専用の橋を吊っている線の上にずらりと鳥が止まっていました。ひょえ〜〜〜

群がっているのを見るとびっくりします。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

Cambridge - Homerton Collegeで-その3

noboの勤める会社の創業20周年のパーティーがCambridge大学のHomerton Collegeでありました(9月13日)。の続きの続き。

薄暗い部屋でろうそくの明かりで食べる、この雰囲気がとってもいいです。
m_pankarahomerton8.jpg
ぱんから:
うふ

お隣のフランス語部署の方々に遊んでもらうぱんからくん。
m_pankarahomerton9.jpg
ぱんから:
きゃはきゃはっ

ふと天井を見上げると、ハリポタのような世界が広がっていました。
m_pankarahomerton10.jpg
ぱんから:
ほぉぉー

スピーチなどもあり、ダンスも始まったようです。
m_pankarahomerton11.jpg
ぱんから:
Hip, Hip, Hooray!


20周年、めでたいめでたい。パーティー楽しかったです。終わり。
posted by nobo at 00:00| Comment(6) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

Cambridge - Homerton Collegeで-その2

noboの勤める会社の創業20周年のパーティーがCambridge大学のHomerton Collegeでありました(9月13日)。の続き。

上着なしで来てしまったnoboは寒くなってしまったので、建物の中に入ることにしました。
m_pankarahomerton5.jpg
ぱんから:
おじいさんの古時計だぁっ

ウェイターの方たち、そして、奥には
m_pankarahomerton6.jpg
ぱんから:
バンドの人たちだっ。

なんと、サックスのおじさまがぱんからくんと一緒にポーズをとってくださいました。ありがとうございました!ぱんからくんと一緒に楽譜を見たり、抱っこしたりしてくださって。。。ひゃひゃひゃ。(照れ照れ)
m_pankarahomerton7.jpg
ぱんから:
いえ〜い。

ジャズなどもうちょっと知ってれば、いろいろお話できたかもしれないのですが。茶々さん、きさんに教えていただかねばです。

お、お食事のお部屋の用意が出来たようです。続く。
posted by nobo at 00:00| Comment(4) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

Cambridge - Homerton Collegeで-その1

noboの勤める会社の創業20周年のパーティーがCambridge大学のHomerton Collegeでありました(9月13日)。

m_pankarahomerton1.jpg
ぱんから:
キチャッター☆
© Slackeyさん

駐車場近くにはひろーい芝生の広場があり、うさぎやりすがたくさんくつろいでいました。
m_pankarahomerton2.jpg
ぱんから:
うさぎさん、逃げないでぇ。

みんなが到着するまで、シャンペンやジュースで談笑。気持ちのよい夕方です。会社も20周年という事で奮発したらしく、似顔絵描きの人、手品師のかたなどが、みんなの周りで活躍していました。
m_pankarahomerton3.jpg
ぱんから:
くつろぎモード

noboには少し寒くなってきました。
m_pankarahomerton4.jpg
ぱんから:
くつろぎモード

音楽の聞こえる室内に入ることにします。続く。
posted by nobo at 00:00| Comment(2) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

Cambridge - りぃすぅ

あ、りぃ・すぅだ!

m_sq1.jpg


パンダとカメラを構えたら、来なくなってしまいました。。。
ときどき、木の実を埋めに庭にやってきます。でも、街にいるりすは、ねずみのように病気を運ぶと大家さんに言われて、このごろは控えめに観察するようにしています。

我が家にやってくるりすくんに「りぃ・すぅ」と言う名前をつけています。また遊びに来てね。
posted by nobo at 00:00| Comment(3) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

Cambridge - くも

Spiderのことです。

枕草子の一文を思い出す風景に出会うこともあるのです。

m_spiderweb.jpg
ビーズ細工の
ネックレスのようです

感動を絵手紙にしてみました。(絵手紙ペイント

spiderweb.jpg
うしわか:
きれいなくもの巣

(なえみさんのように上手に描きたいナ。。。)

蜘蛛の巣のこぼれ残りたるに、雨のかかりたるが、白き玉を貫きたるやうな
るこそ、いみじうあはれにをかしけれ。


Cambridgeにはくもがたくさんいます。得意ではありませんが、hinoよりは平気です。こわい時にはスパイダーマンの歌を歌って、手首を返して「プシュー!プシュー!」と糸を出すまねをします。

Spiderman〜Spiderman〜does whatever a〜spider can〜

どう?
posted by nobo at 00:00| Comment(6) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

Ipswich - しずかちゃんのExcursion4

Catching up with nobo's friends(8月11日)の続きの続きの続き。

IpswichにはChristchurch Parkという公園があります。

m_shizukaipspark1.jpg
しずか:
公園です

暑い(摂氏25度くらい)と、すぐに上半身裸になって肌を焼く人や、サッカーをして遊ぶ人が急に増えます。

m_shizukaipspark2.jpg
しずか:
マンション

イギリスでお世話になっている日本人のMieさん、shibainuさんのお奨めでmansionの入り口へ。マンションといえば、イギリスでは大邸宅のことです。「マンションに住んでます」と言うのは「貴族か、億万長者か」ってところでしょうか。

しずかちゃんが狛パンダみたいにみえます。ふふふ。

m_shizukaipspark3.jpg
しずか:
豪華な車

結婚式用に飾られた、クラシックカーが停めてありました。せっかくなのではい、ポーズ。

m_shizukaipspark4.jpg
しずか:
正面からも

フラッシュではありません。

しずかちゃんの遠足でした。
posted by nobo at 00:00| Comment(8) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

Cambridge - 雲間

晴れ間もありましたが。

m_ushiwakaclouds.jpg
うしわか:
くもの流れが速いです


m_ushiwakacloudssakura.jpg
うしわか:
雨雲はなさそうです


やっぱり雲が多いのです。
posted by nobo at 00:00| Comment(6) | U.K.>Cambridgeshire | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。